人間らしく死ぬ

お問い合わせはこちら

〒419-0314 静岡県富士宮市大久保216

人間らしく死ぬ

人間らしく死ぬ

2020/08/07

人間らしく死ぬ

2020.8.7

広島原爆投下から75年。1945年8月6日「広島には一発の原子力爆弾により75年間は、草木も生えないだろう」と言われたが、現実には75年後、広島は大きく復興を遂げた。本当にそうだろうか?
衆生劫尽きて大火に焼かるると見る時も」お経文にはこうある。75年前に広島は焼け尽くされ14万人の尊い命が奪われた。「劫」とは無限大の時間帯をいい、焦土しょうどと化した焼け野原を見て、時間を賭けながら苦しみ75年後に死没された方々は32万人を超えているという。75年間多くの方々がぬぐいされぬままの苦しみを抱えて亡くなっていくということこそ、表面的な復興見える中で、この世が無くならない限りは忘失は赦されないことを知るべきである。
あるご婦人が言ったことばが忘れられない「人間らしく死ねなかった人たちのことを思うと無念でならない」その通りである。言いかえれば「いつ死のうとも、人間らしい生き方をしていきたい!」誰もがそう願えるよう祈る。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。